車検をする前に知っておきたい基礎知識とは!?

車検の意味を理解しよう

日本では、自動車を持つ人すべてに車検を受ける義務があります。車検は、新車であれば3年目に行い、それ以降は2年に1度になります。車検をする時にはお金がかかります。安くて8万円ぐらい、高い場合は15万円を超えることもあります。自動車を維持するのにはお金がいるというのは車検の費用が高いことも挙げられるのです。車検の必要性は、整備された車に乗ることで、整備不良による事故を防ぐことです。少なくとも整備不良で事故を起こしている車は、日本ではかなり少ないのです。

車検の法定費用を知っておこう

車検には一定の費用がかかりますが、おおよその内訳を知っておきましょう。まず、法定費用があります。法定費用の中身は自賠責保険料、印紙代、重量税の3つになります。軽自動車なら3万円弱、普通自動車なら5万円弱から9万円弱になります。普通自動車の費用に幅があるのは重量によって費用が異なるからです。大抵は2000キログラム以内になりますので、6万円弱と考えておいた方がいいでしょう。車体の大きいミニバンでも2000キログラム以内に収まっています。

車検基本料について知っておこう

車検費用には、法定費用以外にも車検基本料があります。これは、陸運局まで運転するときの費用や点検するときの手間賃などになります。法定費用は法律で決まっている費用になりますので、額は重量によって違いがあるだけですが、車検基本料は業者によって異なります。2万円から5万円ぐらいになるのが相場になります。相場に幅がありますが、基本的にディーラーは費用が高い傾向にあります。ただし、一番その車に詳しい業者ですし、何より信頼があります。

車検とは自動車の検査登録制度を略したものです。これが切れた状態で運転すると厳しい罰則があり、即免停となります。